KYOTO OFF

CONCEPT コンセプト

京都で交わる、アニメにマンガ、コスプレの日本カルチャー。KYOTO OFFではまったく新しい京都観光のあり方を提案します。

KYOTO OFF 2015とは、国際化する日本のサブカルチャーを扱ったイベントです。
グローバルに展開し始めたアニメ・マンガなどの COOL JAPANが、国内外でのイメージにズレを抱えていることに今一度注目し、ローカルな場から問いなおすことを目的としています。
そのために今回我々は、3つのコンテンツを京都に潜ませました。
観光資源と繁華街の境界にある、鴨川。全く違う時間の経過を引き裂くように、この川は境界を作っています。3つの会場は、そんな鴨川に沿うように配置されました。
ズレた世界を左右に見ながら、ズレのあいだに生きるコスプレイヤーがあなたとの”京都からの離陸”に向けて、イラスト、衣装、映像を順に案内します。

ローカルに潜りながら、京都でもJAPANでもないどこかへ
KYOTO OFFへ、ようこそ

コンセプト提供 黒嵜想(Twitter

EVENT イベント

3つのコンテンツを別々の会場で発表。コスプレイヤーたちがガイド役となり、クリエイターと観客を合流させる

KYOTO OFF 2015 では、イラストレーター、コスプレイヤー、映像作家が、それぞれ3つのオリジナルコンテンツを別々の会場で発表します。
二次元のイラストと三次元の実写映像を、コスプレイヤーたちがガイド役となり、繋げ、クリエイターと観客を合流させるのを目的としたイベントです。

【開催日時】
2015年4月20日(月)〜5月8日(金)
【企画概要】
イラストレーターによる新作含むグループ展、コスプレイヤーによる新作衣装の写真展、クラブイベントでのオリジナル映像上映の順に、3つのイベントを異なる会場で開催。
イベントの詳細はこちら

NEWS ニュース

2015.04.14
KYOTO OFF第一弾イベント『プラレシオ』が、KAI-YOU.netに紹介されました!
2015.03.10
『ART GRID KYOTO × 音読 Premium Coupon』にて本イベントのクーポン配布中
2015.03.10
『ART GRID KYOTO 2015』開催場所の誤りに関するお詫びと訂正
2015.03.10
『ART GRID KYOTO 2015』にて本イベントが掲載されました
2015.03.10
サイトオープン
ニュース一覧へ

ART GRID KYOTO広報誌に掲載されています会場におきまして誤りがありました。
正しくは以下の通りです
(誤)VORKSホビースクエア京都→(正)GACCOH
読者の皆さまならびに関係各位にご迷惑をお掛けしましたことをお詫びするとともに、ここに訂正させて頂きます。

ARTIST アーティスト

本イベントのガイド役であるコスプレイヤーと、独自の世界を繰り広げるクリエイターたち

コスプレイヤー

KYOTO OFF 2015 実行委員長

ハイパー★

京都在住の、カルト的な人気をもつコスプレイヤー。
『新世紀エヴァンゲリオン』との出会いをきっかけにアニメカルチャーに没頭、刺激を求め訪れたアニソンイベントをきっかけにコスプレをはじめる。そのなかで、一人のフォトグラファーとの出会うことで、後の活動が決定的なものになる。「服を着るだけ」ではない、新しい衣服のパフォーマンスを模索し、デザイナーやフォトグラファーと世界観を作り込む彼のコスプレは、ファッションやアートとも接続を可能にする。 本企画は、そんな彼が試みる「シャッフル」の一つである。

アーティスト イセ川ヤスタカ
グループ展
イラストレーター 西ノ田
グループ展・映像
chaos
コスプレ
コノミアキラ
コスプレ
PETTER
映像
DJ Torrid motor
映像
シナリオライター 木野誠太郎
パンフレット

イラストレーター

イセ川ヤスタカ(ななしな)

京都在住/創治朗所属
イラストレーターとアーティストの狭間
5月以降のお仕事募集中です。
【経歴】

個展『マジックプラリズム』
(「キャラクトリカルトライアングル」内)アンテナメディア(京都)
個展『ネコソギグラフィカ』 三条祇園画廊(京都)
『THE ART FAIR +PLUS-ULTRA 2014』スパイラルガーデン(東京)
その他書籍・ゲーム関連多数

イラストレーター

西ノ田

京都在住/創治朗所属
絵を描いています。 創作イラストアート的な活動もやったり、キャラクターデザインもやったりしています。

【経歴】
2010年 : AMG × pixiv 夢実現コンテストVol.2 「ポケット文庫賞」 審査員賞受賞
2013年 : 「第20回電撃イラスト大賞」選考委員奨励賞
2014年 : 個展 Palm Rabbi(「キャラクトリカルトライアングル」内)アンテナメディア(京都)

フォトグラファー

chaos

京都精華大学映像学科卒業後デザイナー、レタッチャーを経てバンタンデザインで写真を学ぶ。卒業後フリーで活動中。

2012,10 Art AW2012 最優秀賞受賞
2013.08 ポートレート専科-2013-
2013.09 関西御苗場
2013.12 松本由と二人展「2013」
2013.12 REAL PORTRAIT2013 招待枠
2014.01 フォトテクニックデジタル2月号特集1P
2014.04 Second Layers
2014.07 France JAPAN EXPO 出展
2014.08 ポートレート専科-2014-
2014.12 REAL PORTRAIT2014 招待枠
2015.01 松本由と二人展「2014-2015」

コスプレイヤー

コノミアキラ

世界を股にかけ活動中のコスプレイヤー。
ソラトニワラジオパーソナリティーとして毎週レギュラー出演、コラム、トークショー、DJ、イベント企画、劇場プロデュース、アイドルプロデュース、デザイナー、衣装制作、講師、などオールマイティに活躍中。

【経歴】
2007年・ 2010年 共に世界コスプレサミット日本代表
2010年 コスプレパォーマンスチーム「CosPAfo(コスパフォ)」を結成。
2013年レベルファイブより「イナズマイレブン GO ギャラクシー」
ナパ・ラダーム役でゲーム・アニメの CV を担当。
2014年、株式会社ムービック主催のアニメイトパフォーマンスカーニバル全国大会で
弱虫ペダルのパフォーマンス初代チャンピオン。

アニソンDJ

PETTER

2008年12月より本格的にアニメソングDJとしてのキャリアを始動。
原曲アニメソングを軸とした楽曲をスピード感と遊び心のあるミキシングで繋いでいく。

またアニメファンの涙腺を刺激するようなストーリー感ある展開や、合間に挟むボーカロイドや東方など様々なジャンルをボーダーレスに聞かせるプレイが評価され、これまでDJイベントだけに留まらず『京都デザイン文化祭』『日本橋ストリートフェスタ』『なんばPOPアートフェスタ』など多数の商業イベントや大型コスプレフェスの特設ステージでもDJプレイを披露してきた。

2014年にはSHOT MUSICから発売されたアルバム『SHOT FES TWINS』に DJ 智-tomo- twin DJ PETTERとして参加。
コラボDJMIX『Dive into SHOT FES~Official Brands Medley~』が収録されるなど精力的に活動の幅を広げており、いま関西で今後の展開に注目が必要なDJの一人と言える。

実行委員代表、オーガナイズを務めるDJイベント『アニ鍋』には数々の著名たるアニメソングアーティストを招待、年々イベントの規模も拡大し続けている。

DJ

Torrid Motor (OUTER HELL/DOGE座)

幼少より触れてきたジャズをルーツに、2009年よりDJのキャリアを開始。姿形はジェントルメンだが中身は「焼肉」という儀式そのものである。エレクトロ・スウィングを右手に、テキーラ・サンライズを左手に、現代のダンスホールをゴー・バック・トゥ1920する怪腕。
------
そして衛兵は、彼にこう告げた。
“I used to be a DJ like you; then I took an arrow in the knee.(昔はお前のようなディスクジョッキーだったが、膝に矢を受けてしまってな・・・)”

シナリオライター

木野 誠太郎 (きの せいたろう)

京都在住/1991年生・シナリオライター。
人気ゲームアプリ『あんさんぶるガールズ!』のシナリオを中心に活動しており、
中編シナリオを週に一作品の間隔でコンスタントに提供している。
また、文章系同人即売会に参加する際には、毎度トップクラスの頒布数を誇り、
独特の作風による文芸作品には根強いファンも多い気鋭の新人である。